DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
180 附属中学校(Attached Junior High School) >
181 研究紀要 >
第053集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/9233

タイトル: 第2章 必修教科等の研究 1国語 シンキンング・ツールを活用した国語力を高める授業づくり
著者: 北村, 拓也
Kitamura, Takuya
キタムラ, タクヤ
キーワード: シンキング・ツール
ベン図
X チャート図
マインドマップ
ボーン図
交流
国語力
発行日: 2011年6月20日
出版者: 滋賀大学教育学部附属中学校
引用: 滋賀大学教育学部附属中学校研究紀要, 第53集, pp. 26-33
抄録: 本研究は,シンキング・ツールを国語の授業に取り入れることにより,「読む力」や「書く力」といった「国語力」の向上を図ったものである。シンキング・ツールとは,紙に図形が書いてあるだけのものである。しかし,必要な情報だけを取り出して整理できたり,自分の頭の中にある考え,あるいはその過程を視覚的に表したりできる,思考を助けてくれるツールである。国語の授業でもよく使用されるワークシートと違い,いつでも手軽に使用することができる。 読むにしろ書くにしろ,国語はたくさんの情報の中から必要なものだけを取り出し,それらを整理したり,まとめたり,という作業を頭の中で行わなければいけない。その過程でシンキング・ツールの活用は,とても有効である。本研究では,文学的文章と説明的文章の学習において,「ベン図」「Xチャート図」「マインドマップ」「ボーン図」を活用した授業づくりに取り組んだ。
URI: http://hdl.handle.net/10441/9233
ISSN: 1880-9456
出現コレクション:第053集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
国語 北村.pdf4.97 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください