DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
180 附属中学校(Attached Junior High School) >
181 研究紀要 >
第060集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15499

タイトル: 第4章 カリキュラム評価 学校評価および生徒質問紙調査によるカリキュラム評価
著者: 太田, 聡
Ota, Satoru
オオタ, サトル
キーワード: 学校評価
質問紙調査
生徒
保護者
カリキュラム
発行日: 2018年3月31日
出版者: 滋賀大学教育学部附属中学校
引用: 滋賀大学教育学部附属中学校研究紀要, 第60集, pp. 132-135
抄録: 本校の教育課程を,生徒および保護者がどのようにとらえているのか,平成29年(2017年)11月に実施した全校生徒・保護者質問紙調査に基づく学校評価においてカリキュラムに関する項目を考察した結果,必修教科と総合的な学習の時間の双方で,探究的な学習活動に取り組めていると実感している生徒が多いイ頃向が見られた。  また,本校のカリキュラム全般についてさらに詳しく検証するため,平成29年4月に3年生徒を対象に実施した全国学力・学習状況調査の結果を考察すると,目標や課題,考えや事実などを明確にした協働的で探究的な学習活勁を通して,生徒の学習への主体性や各教科での基礎的能力は高まる傾向が見られた。また,考えの説明や文章での表現の習慣化など,論理的・創造的思考力を促す授業改善を行うことで,学習への意欲や充実感が高まる傾向が見られた。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15499
ISSN: 1880-9456
出現コレクション:第060集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
60 カリキュラム評価 太田.pdf2.54 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください