DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
101 紀要 >
101-41 教育学部紀要. >
67号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15437

タイトル: ギフテッドの概念と日本における教育の可能性
その他のタイトル: The Concept of Gifted and How to Explore Possibilities
著者: 林, 睦
Hayashi , Mutsumi
ハヤシ, ムツミ
キーワード: ギフテッド
2E
ギフテッド教育
発行日: 2018年3月30日
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学教育学部紀要, 第67号, pp.199-204
抄録: 「ギフテッド」とは、英語のgiftedという語に由来しており、天賦の才能を持つ人々という意味である。先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている人のことを指し、どの国や社会にも一定数存在すると考えられる。アメリカ連邦政府の定義では、ギフテッドの子どもとは、「知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、または特定の学問分野で高い達成能力を持ち、その能力を発揮させるために通常の学校教育以上の活動や支援を必要とする子ども」を指す。National Center for Education Statisticsのデータによると、全米の学齢期の子どもの6.7%がギフテッドであるとされている。では、ギフテッドとは具体的にはどんな子供を指すのだろうか。まず、ギフテッドの一般的な特徴について、アメリカのギフテッドのガイドブックを参照してみることにしよう。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15437
ISSN: 2188-7691
出現コレクション:67号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
18-199-204p.pdf582.71 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください