DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
101 紀要 >
101-41 教育学部紀要. >
67号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15431

タイトル: マインドフルネス・プログラムによる小学生に対する心理教育アプローチ
著者: 芦谷, 道子
伊藤, 靖
村田, 吉美
中川, 栄太
Ashitani, Michiko
Ito, Yasushi
Murata, Yoshimi
Nakagawa, Eita
アシタニ, ミチコ
イトウ, ヤスシ
ムラタ, ヨシミ
ナカガワ, エイタ
キーワード: マインドフルネス
心理教育アプローチ
予防教育
.bプログラム
小学生
発行日: 2018年3月30日
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学教育学部紀要, 第67号, pp.109-122
抄録: 近年、いじめや不登校といった子どもたちの問題に対する予防的な心理教育アプローチの必要性が高まっている。本研究では、世界で注目されているマインドフルネスを子どもに適用した「.bプログラム」を小学6年生に実施し、印象評価や観察記録、自己評価的意識との関連を解析することで、わが国への導入について検討した。約70%の対象がプログラムを肯定的に評価し、半数以上が集中やリラックスに役立つと回答しており、プログラムの基本的な目標が概ね達成可能であることが示された。また、より学校適応的で攻撃性の低い対象が、プログラムの効果を感じていることが分かった。今後の課題として、日本の教育事情や対象に合わせたプログラムの工夫、指導者の養成、更には親や教育者も含む学校教育におけるマインドフルネスに関するさらなる実践的効果研究の蓄積が望まれる。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15431
ISSN: 2188-7691
出現コレクション:67号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
12-109-122p.pdf1.46 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください