DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
101 紀要 >
101-41 教育学部紀要. >
67号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15427

タイトル: 日英機械翻訳において感じる違和感についての心理言語学的考察
著者: 岡本, 吉世
大嶋, 秀樹
Okamoto, Kiyo
Oshima, Hideki
オカモト, キヨ
オオシマ, ヒデキ
キーワード: 言語観
日英間
曖昧性
機械翻訳
違和感
発行日: 2018年3月30日
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学教育学部紀要, 第67号, pp.65-72
抄録: 近年、機械翻訳技術が向上し、ネット上の無料翻訳が急速な広がりを見せている。それでも、ひとの手による翻訳と機械翻訳を比べると、機械翻訳に感じるニュアンスの違和感はひとの手による翻訳に比べて高く、機械翻訳の完成度は、ひとの手による翻訳に及ばない。本研究では、Google/Excite翻訳を利用して、ひとの手による翻訳文と機械翻訳文を正誤判断している時の処理を行動調査で比較した。その結果から、言語間のニュアンスの違いで起こる違和感や曖昧さを、私たちはどのように解消しているのかについて明らかにすることを試みた。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15427
ISSN: 2188-7691
出現コレクション:67号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
08-65-72p.pdf679.02 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください