DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
330 環境総合研究センター(Research Center for Sustainability and Environment) >
331 研究年報 >
014巻01号(通巻14号) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15238

タイトル: 滋賀大学教育学部での生活科に関する科目の充実にむけて-石山キャンパスを活かした環境教育的視点の活用-
著者: 石川, 俊之
キーワード: Living Environment Studies
Syllabus
Teacher Training
Improvement of Lecture
発行日: 2017年8月31日
抄録: The subject of “living environmental studies” assigned to 1st and 2nd grade in elementary school since 1992 has been a problem in universities because a proper staff for the subject has been rare, as discussed in several reports. I summarized the current status of lectures on the subject in 52 national universities, and then discussed the possibility of a lecture at Shiga University. In 2015 and 2016, a lecture on living environmental studies was given with nature observations and the culture of vegetables, which can be realized by making use of the campus environment.
URI: http://hdl.handle.net/10441/15238
ISSN: 1349-1881
出現コレクション:014巻01号(通巻14号)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
14-1_06Ishikawa.pdf368.76 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください