DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
180 附属中学校(Attached Junior High School) >
181 研究紀要 >
第059集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15158

タイトル: 第2章 必修教科等の研究 9 英語 探究的学習活動を取り入れた活動を通して身につける会話,質問力 -スピーチ,リテリングを継続してー
著者: 澤田, 真実
Mami, Sawada
サワダ, マミ
キーワード: スピーチ
リテリング
単元を貫いた学習課題
即興的会話力
発行日: 2017年3月31日
出版者: 滋賀大学教育学部附属中学校
引用: 滋賀大学教育学部附属中学校研究紀要, 第59集
抄録: 現行の学習指導要領において,自らの考えなどを相手に伝えるための「発信力」やコミュニケーショ ンの中で基本的な語彙や文構造を活用する力や,得た知識等について,自らの体験や考えなどと結び付け ながら活用し,「話すこと」や「書くこと」を通じて発信することが重要視されている。このことから, 自分の言いたいことを既存の知識や語彙を使って即興で相手に伝えたり、相手が話したことを理解し,質 問したりする力を身につけるための言語活動が必要である。  そこで,本研究では毎回の授業でスピーチやリテリングの活動を取り入れ,自ら話す内容や表現を探究 させた。そのために,単元の初めに学習課題を与え,その課題を解決するために普段の授業の中で学習し た知識や語彙をどのように自分の言葉に直し,伝えれば良いのか,思考・判断させていくことにした。そ して,自分で取捨選択した情報や知識を学習課題の解決に取り入れることで,探究的に学習を進めた。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15158
ISSN: 1880-9456
出現コレクション:第059集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
59 英語 澤田.pdf8.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください