DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
101 紀要 >
101-41 教育学部紀要. >
66号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15062

タイトル: 滋賀大学教育学部(大津市平津) における降水の特徴 : 1991年1月~2009年12月のデータに関する考察
その他のタイトル: Character of Precipitation Collected at the Otsu Campus of Shiga University Discussions on Data during the Period from January 1991 to December 2009
著者: 水上, 善博
川嶋, 宗継
Mizukami, Yoshihiro
Kawashima, Munetsugu
ミズカミ, ヨシヒロ
カワシマ, ムネツグ
キーワード: 大津市
降水データ
統計解析
発行日: 2017年3月31日
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学教育学部紀要, 第66号, pp.135-141
抄録: 1991年1月から2009年12月までの19年間に滋賀大学教育学部キャンパスに降った雨の特徴を概観し、3つの新しい知見について報告する。具体的には、雨と雨の間隔日数、風向き、最高気温のそれぞれと溶存イオンの濃度との関係を考察する。雨と雨の間隔日数が開くと濃度が上昇するイオンがあった。また、風向きによって濃度の違いが大きいイオンがあった。さらに、最高気温が低いときに顕著に濃度が高いイオンが見出された。
Character of the precipitation collected at the Otsu campus of Shiga University is reviewed. New results for dissolved ion concentrations are reported from three viewpoints. Concentrations of some ions increase according to wide interval between rainy days. Wind direction affect the ion concentrations.Relations between highest temperature and ion concentrations are discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10441/15062
ISSN: 2188-7691
出現コレクション:66号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2016-66(10)Yoshihiro MIZUKAMI, Munetsugu KAWASHIMA.pdf695.54 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください