DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
101 紀要 >
101-41 教育学部紀要. >
66号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/15061

タイトル: Chemical Study of Precipitation by Lake Biwa at Otsu, Shiga, Japan : II. Trends of Chemical Compositions from 1991 to 2009
著者: 水上, 善博
川嶋, 宗継
Mizukami, Yoshihiro
Kawashima, Munetsugu
ミズカミ, ヨシヒロ
カワシマ, ムネツグ
キーワード: Wet deposition
Dissolved ions
Trends over 19 years
Principal components analysis
Acidification
発行日: 2017年3月31日
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学教育学部紀要, 第66号, pp.119-133
抄録: Precipitation samples by Lake Biwa at Otsu, Shiga Prefecture, Japan, collected over a 19 year period, from January 1991 to December 2009, were analyzed. Dissolved ions, including H+, NH4 +, Na+, K+, Mg2 +, Ca2 +, Cl-, NO3- and SO4 2-, were analyzed in 1818 samples. The pH of these samples ranged from 3.3 to 7.3, with an average of 4.59. Trends in chemical components of precipitation over the 19 year period were determined, with origins of dissolved ions deduced by principal components analysis. Deposition of [H+] according to rainfall shows characteristic distribution, due to the deposition balance among [NO3-], [SO4 2-], [NH4+] and [Ca2+].
1991年1月から2009年12月までの19年間にわたり、日本の滋賀県大津の琵琶湖のほとりで集められた雨のサンプルを分析した。1818サンプルの溶存イオン、すなわち、水素イオン、アンモニウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオン、塩素イオン、硝酸イオン、硫酸イオンを分析した。これらのサンプルの水素イオン指数は3.3から7.3にわたり、平均値は4.59だった。主成分分析によって推測される溶存イオンの起源から19年間にわたる降水の化学成分の傾向が見出された。硝酸イオン、硫酸イオン、アンモニウムイオン、カルシウムイオンの間の負荷のバランスに依存して、水素イオンの負荷が特徴的な分布を示す。
URI: http://hdl.handle.net/10441/15061
ISSN: 2188-7691
出現コレクション:66号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2016-66(09)Yoshihiro MIZUKAMI, Munetsugu KAWASHIMA.pdf2.05 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください