DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
200 経済学部,大学院経済学研究科(Faculty/Graduate School of Economics) >
201 彦根論叢(The Hikone Ronso) >
401号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/13844

タイトル: 中央銀行は何をしているか : セントラル・バンキングの本質を巡るいくつかの論点
その他のタイトル: What Should A Central Bank Do? : In regard to the Nature of Central Banking
著者: 小栗, 誠治
Oguri, Seiji
オグリ, セイジ
発行日: 2014年9月
出版者: 滋賀大学経済学会
引用: 彦根論叢, 第401号, pp. 34-51
The Hikone Ronso, No.401, pp. 34-51
抄録: This paper considers the important issues related to the nature and core of central banking comprehensively. Issues are as follows. 1. The essence of the central bank and the traditional philosophy, 2. The purpose of the central bank and Bank of Japan Law, 3. The role of the central bank in a new era, 4. The independence of the Bank of Japan and its transformation, 5. The essence of banknotes and the difference from the government notes, 6. Seigniorage problems, 7. The nature and problem of the non-traditional monetary policy, 8. What the research of central banking ought to be. This paper is the revision of the manuscript of my last lecture on “Theory of Central Banking” at Shiga University, 23 January 2013.
URI: http://hdl.handle.net/10441/13844
ISSN: 0387-5989
出現コレクション:401号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
彦論401_p.34-51 小栗誠治.pdf657.92 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください