DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
180 附属中学校(Attached Junior High School) >
181 研究紀要 >
第056集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/13181

タイトル: 第2章 必修教科等の研究 1 国語 思考ツールを活用し「的確に読む力」を育てる国語の授業づくり : 「思考するステップも思考する」国語の授業
著者: 北村, 拓也
Kitamura, Takuya
キタムラ, タクヤ
キーワード: 思考ツール
的確に読む
思考するステップ
思考力
判断力
発行日: 2014年3月31日
出版者: 滋賀大学教育学部附属中学校
引用: 滋賀大学教育学部附属中学校研究紀要, 第56集, pp. 14-19
抄録: 過去4年間の「思考ツールを国語の授業に取り入れる研究」を通して,思考ツールの活用は非常に有効であることが明らかになった。特に「思考の方法」を具体的に指導できるという点で,これからの授業にとって,欠くことができないものである。これまでは思考ツールは授業者の方から与えるだけであった。しかし,生徒の実際の生活を考えると,「与えられた課題や読む目的に対し,どの様な過程で解決していくのか」という道筋を思い描くことができなければいけない。つまり「思考のステップも思考できる」能力の育成が必要である。そのために,その経験ができる場面を,授業者が作らなければならない。本研究はその「思考するステップも思考する」授業実践と成果のまとめ,さらに,本研究を通して見えてきた思考ツールの次にやらなければいけないこと,身につけなければいけない能力を報告したものである。
URI: http://hdl.handle.net/10441/13181
ISSN: 1880-9456
出現コレクション:第056集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
56 国語 北村.pdf1.85 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください