DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
102 大学院教育学研究科論文集 >
16号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/12774

タイトル: 特別支援学校における音楽づくりの可能性 : 音楽授業に関するアンケート調査から
その他のタイトル: Possibility of Creative Music Making in Special needs school : From Questionnaire Research About Music lessons
著者: 岡(黒田), ひろみ
Oka(Kuroda), Hiromi
オカ(クロダ), ヒロミ
キーワード: 音楽づくり
特別支援学校
音楽授業
創造性
授業者の悩み
発行日: 2013年
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学大学院教育学研究科論文集, 第16号, pp. 25-34
抄録: 研究の目的は,特別支援学校で音楽づくりを実践する可能性を探ることである。研究方法として「滋賀県内特別支援学校の音楽授業の現状」についてのアンケート調査を行った。本調査の結果,特別支援学校の音楽の授業と授業者の問題が明らかになった。音楽授業の課題は教育条件の貧しさであり,音楽担当の先生の悩みは音楽の専門性がないことである。音楽づくりはこれらの課題を解決するものであり,創造性豊かな自己表現活動であると筆者は考える。
The objective of this study is to explore the possibility of making music in special needs school. Research methods is to conduct a survey : That title is “Current Status of music lessons of special needs school in Shiga Prefecture.”By this survey, to clarify the current state of music lessons and worry of music teacher for special needs school. Music lessons problem is the poverty of educational conditions, worry of teacher is that there is no musical expertise. I think making music is to solve these problems. And it is a highly creative self-expression.
URI: http://hdl.handle.net/10441/12774
ISSN: 1344-4042
出現コレクション:16号

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
kenkyukaronbunshu16pp.25-34.pdf2.82 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください