DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
100 教育学部,大学院教育学研究科(Faculty/Graduate School of Education) >
102 大学院教育学研究科論文集 >
16号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/12767

タイトル: 教室の「学び」における「共有」の可能性
その他のタイトル: Possibility “Shared” in “Learning” of a Classroom
著者: 梅田, 華那
Umeda, Kana
ウメダ, カナ
キーワード: 共有
集団性
読むこと
発行日: 2013年
出版者: 滋賀大学教育学部
引用: 滋賀大学大学院教育学研究科論文集, 第16号, pp. 35-45
抄録: 教室の「学び」において,「集団性」というのは,ひとつの大きな特徴としてあげられる。国語科においても,国語科が創設されて以来,その内容は検討され改訂されてきたが,多人数で同じ内容を学習するという点に関しては変わらない。この集団性は,学校教育では知識の伝達の効率性を上げるために役立ってきた。学校は知識の共有の場であった。しかし膨大な情報が溢れる現在,学校教育でも,学習は知識の伝達という形からの転換が求められている。これまでは,知識が共有されてきたが,その共有のあり方も学びの質の変化とともに問われることとなる。本稿では,読むことの学習において学習者中心の「学び」を教室に生成するために,「集団性」と「共有」という視点から学校教育を考察することを目的とする。その方法として,佐藤学の提唱する「学びの共同体」を手掛かりとする。佐藤学の提唱する「学びの共同体」は,「勉強」から「学び」の転換として全国の学校に波及している。佐藤はこれまでの「勉強」を「学び」と区別し,勉強から学びへの転換の必要性を指摘する。勉強が「個人主義」的立場から知識や技能を「獲得」し「蓄積」する「無媒介な活動」であるのに対して,学びは「他者との交わりを基礎とし」ながら,知識や技能を「表現」し「共有」する「道具」や「他者とのコミュニケーションによって媒介された活動」であると述べる(佐藤, 1999, pp. 27-28)。このような「学び」の中心を学習者に置く「学び」では,学習者が個々の存在として認識される必要がある。学びの主体である学習者を個として捉え,学びは自己の形成を促していくものであるとするならば,それは自己を崩しては再構築することが求められる。しかしながら,学校教育の文化に慣れ親しんだ優等生であればあるほど,演じることに慣れてしまい自己の変革へと至ることは困難である。更に,学習者は個として自己の完成を求められる一方,教室コミュニティにおいては協調性を求められる。教室コミュニティは,「学級づくり」といわれるように意図的に構成されたコミュニティである。ここでも,学習者は学校教育の文化に沿った行動をするように求められる。現在の学校教育では生活集団と学習集団は基本的に同じメンバーで構成される。したがって上記でみたような教室コミュニティに学習者が在るということを踏まえ,国語科における読むことのコミュニティを考察する。読むことにおいて読者反応論の登場は, 大きな変化をもたらす契機となった。トップダウン式の読みから教室の読みに複数性の可能性が生まれた。しかしながら,教室の読みの複数性をグループ学習の後にグループ毎にまとめた事を発表させ,それを教室で更にひとつの答えにまとめ,クラス全体で「共有」するという流れで行えば,それはいくら学習者同士を対話させても,知識の伝達の域をでるのは困難である。したがって,読みにおける「共有」の質を問うことが必要となる。しかし,読むことの学習内容がテクスト解釈に終始している限り,何が正解かという問題に収束されてしまう。国語科が文学テクストにどのように向き合うのかを考えることが必要となる。 In "learning" of a classroom, “group” is one of key feature. Since Japanese was founded, the contents have been examined and it has been revised, but about the same contents, it does not change the same contents is learned by a lot of people.Group study has been useful in order to raise the efficiency of transfer of knowledge is learned in school education. The school was a shared place of knowledge. However, change of the quality of school education is called for now when huge information overflows. Until now, although knowledge has been shared, the way that should be shared will also be asked with change of the quality of learning.In this paper, in order to generate “learning” of a student itself to a classroom in study of reading, it aims at considering school education from the viewpoint of “group nature” and “a share.” As the method, “the community of learning” which Manabu Sato advocates is made into a key. The “community of learning” which Manabu Sato advocates has affected a lot of schools as conversion of “learning” from “study.” Sato points out the necessity for the conversion which learns old “study” from learn and passes through it in distinction from “learning.” As opposed to “accumulation” Study “gaining” knowledge and skill from “individualism” position, and being “-less mediation activity” to carry out, It is said “share” That learning “expresses” knowledge and skill with “being based on the intersection with the others”, and is the “tool” to carry out and “activity carried by communication with the others.” (Manabu Sato, 1999, pp. 27-28) In "learning" which puts the center of “learning” on a student, a student needs to be recognized as each existence. When the student who is a subject of learning regards as individual and urges self formation to learning, they will be called for reconstructing.However, the honor student who grew familiar with the culture of school education, it is difficult for a certain degree to get used to performing, and to result to a self change. Furthermore, while the student can ask for self completion as individual, he can search for cooperativeness in a classroom community. A student is called for so that action in alignment with the culture of school education may be carried out. At the present school education, a life group and study grouping consist of same members fundamentally.Next, I considered the community of the thing in Japanese to read on a basis of a classroom community which was seen above having a student.In reading, the appearance of the reader reaction theory became an opportunity which brings about a big change. The possibility of various reading was born from reading of a top-down type to reading of the classroom. However, it is difficult to come out of the region of transfer of knowledge, even if he pluralism of reading of a classroom for every group after group study, summarizing it in one more answer in a classroom, and “sharing” between the whole class, and as long as the contents of study of reading are using the text interpretation from beginning to end, it will converge on the problem what is a correct answer. It is necessary to think of how Japanese faces a literary text.
URI: http://hdl.handle.net/10441/12767
ISSN: 1344-4042
出現コレクション:16号

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
kenkyukaronbunshu16pp.35-45.pdf2.82 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください