DSpace DSpace Softwareについて English
 

Shiga University Repository >
180 附属中学校(Attached Junior High School) >
181 研究紀要 >
第055集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10441/11548

タイトル: 第2章 必修教科等の研究 10学校保健 「保健室経営」を一から見直す : 学校保健活動の推進を目指して
著者: 正田, 理沙子
Masada, Risako
マサダ, リサコ
キーワード: 保健室の機能
養護教諭の職務の専門性
学校保健活動の推進
発行日: 2013年4月
出版者: 滋賀大学教育学部附属中学校
引用: 滋賀大学教育学部附属中学校研究紀要, 第55集, pp. 120-125
抄録: 学校保健法(昭和33年法律第56号)が一部改正され,平成21年度より学校保健安全法が施行された。今,子どもの心身の健康問題の多様化・複雑化に伴い,その問題の解決に向けて,学校全体で組織的に対応していくことが求められている。学校という組織の中においては,「保健室の機能」と「養護教諭の職務の専門性」を十分に意識し生かした保健室経営を実施することが,学校保健活動の推進に繋がる。本校に赴任して初年度を迎えるにあたり,自らの保健室経営を一から見直し,今後の附属中学校の学校保健活動推進の基盤となるような活動を展開していきたい。
URI: http://hdl.handle.net/10441/11548
ISSN: 1880-9456
出現コレクション:第055集

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
55 保健 正田.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください